スタッフ紹介

私は、産まれも育ちも成田市で、男の子みたいに元気に育ちました。
好奇心旺盛の私は、今までにテニス、料理、書道、水泳、空手など様々な習い事を経験してきました。新しい環境が好きな私は、周りの知り合いが誰一人いない高校へ入学しました。2年次は、目標であった理系のクラスに入ることができ、そこで自分が高校に入学したらやりたかった事を思い出しました。それは、マネージャーです。自分で体を動かすのも好きですが、私は人に感謝されたり人の喜ぶ顔を見るのが好きだったので、縁の下の力持ちとして、水球部のマネージャーとして入部しました。水球部は、部活としてある高校が少なかった為、遠征も多く、朝練やテスト期間でも練習があったりととてもハードな部活でした。ですが、何十年かぶりの優勝ができ、チームワークの大切さを目の前で改めて実感させてもらいマネージャーとして本当に一生の良い思いで、そして仲間をつくらせてもらいました。

 

大学は、生物が好きだったこともあり日本大学の生物資源科学部、応用生物科学科へ入学しました。2年次からは実験が始まり憧れだった白衣を着て、植物、動物、微生物などの様々な実験を体験してきました。また、大学が神奈川県にあった為、人生初めての1人暮らしをしました。夏休みなどの長期休みに実家に帰ると笑顔で家族が待ってくれていて、改めて家族の温かさと、大切さ、また家事を毎日してくれる母の大変さを知ることができ感謝の気持ちが大きくなりました。しかし、3年の後半になり家庭の事情で大学を辞める事になりました。初めは、中退というと自分が負けた気がして嫌でしたが、大学に行ったからこそ学べたこと、経験できたことがあったので時間と共に受け入れられるようになりました。理系という事もあり勉強とアルバイトの両立ができるか不安であった私は、大学時代はずっと派遣の仕事をしていました。なので、社会勉強のない私に足りないものは何を考えた時に様々な年齢層とのコミュニケーション能力だと思い、憧れでもあったアパレル業をやらせてもらいました。仕事を覚えていくうちにお客様、お子さんとの会話が楽しいと心から感じることができました。そんな中、突然の閉店となってしまい電車通勤だった私は、他店舗への移動も難しく、改めて自分が将来的に本当にやりたいことは何かを考えました。考えた末に、自分は様々な人と関わりながら人の役に立つ仕事をしたいという事でした。その時、以前から歯科助手という職業に興味があった私は、そらクリニックのホームページを改めて見て、ここだったら自分の可能性を最大限に伸ばしていく事ができるかもしれないと思いました。

 

歯医者は、痛い思いをすると分かっているからこそ行きたくないと思いついつい後まわしにしがちです。正直、私もそうでした。でも、先生、衛生士さん、助手さん、が優しく丁寧に対応してくれたことで少し気持ちが楽になり先生に会えるから歯医者に行くのが楽しみという思いをしたことがあるのを思い出し私も、患者様の心を少しでも癒していけたらいいと思います。長々と、文章を読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

成田市 歯医者のそらクリニック 携帯サイト
LINE@公式アカウント

 

以前のHPはこちらから

以前のブログはこちらから