アットホームで信頼できる歯医者のそらクリニック|千葉県成田市

成田市の歯医者のそらクリニックでは丁寧なカウンセリングを心がけ、アットホームな歯医者を目指しています。

mainbunner

HOME ≫ スタッフブログ ≫

スタッフブログ

歯周病とは

periodontal_disease_mischief_4
こんにちは!杉本です。
歯周病ってどのような状態のことか知っていますか?
 
歯と歯ぐきの間に繁殖する細菌に感染し、炎症が起きる病気のことです。
歯が十分に磨けていないと歯垢(プラーク)が歯と歯ぐきの間の溝にたまります。
歯周病はこの細菌が繁殖することで起こります。歯垢や歯石をためていると、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)が深くなりさらに歯垢がたまりやすくなり、歯周病を進行させる要因となります。
 
歯ぐきまでの炎症であれば歯肉炎、さらに進行した状態を歯周炎といいます。症状が進行すると最悪歯が抜けてしまう可能性もあります。
軽い歯肉炎であれば歯磨きを見直すことで改善が可能ですが、歯周炎まで進行してしまうと歯科での治療が必要です。口臭がある、歯肉から血が出るなどの症状がみられたら早めに受診しましょう。
 
歯周病のチェックや治療をご希望の方はお気軽に歯医者のそらクリニックへご連絡ください!
2021年11月29日 13:16

歯並びを変えたい  〜過蓋咬合について〜

A44DAF98-EBD3-49A8-978F-5F0C2DD52561
こんにちは(^^)千葉です。
 
お子さんの学校検診で過蓋咬合・切端咬合・・・など記入されたことがある方もいるのではないでしょうか。
 
歯並びが悪いといっても特徴によっていくつか名称があるのです。
 
そこで、前回に引き続き本日は過蓋咬合についてお話させて頂きます。
 
~過蓋咬合~
過蓋咬合とは咬み合わせた時に上の歯が過剰に下の歯に覆いかぶさり
下の歯が見えない状態の歯並びです。
 
原因の1つは遺伝的要因です。
ご両親に過蓋咬合の方がいらっしゃると骨格が遺伝する可能性があります。

2つめは後天的要因です。

・乳歯の奥歯をむし歯などで早期に失った
・歯をかみしめる癖がある
・下唇を噛む、吸う癖がある
・頬杖をつくことが多い

などのいくつかの要因があります。
 
 

放っておくことのデメリットとは?

・下顎の前方への運動が大きく制限されることとなり、顎関節になるリスクがあります。

・歯も長年使っていると奥歯が咬耗・磨耗していきます。そうなると、下の歯の上顎前歯後方への噛み込みはより悪化します。

下の歯が歯茎ではなく、上の歯に接触している場合はその歯を突き上げることになるので前歯の外側へ押す力が働き、出っ歯が悪化する可能性もあります。

歯並びは見た目だけでなく、他にも弊害がでる可能性がありますので早いうちに改善していくことが大切です!

 他の歯並びについて気になる方はこちらもご覧下さい!
https://sora0064.jp/blog_articles/1636521000.html

歯並びにお困りの方は是非一度そらクリニックへお越しくださいませ。

お待ちしております(^^)
2021年11月26日 19:53

どうして虫歯になるのか

howtoeat_2
こんにちは!杉本です。
 
虫歯はどうしてできるのでしょうか。
お口の中にはミュータンス菌がいます。このミュータンス菌が食べカス等に含まれる糖分を栄養として、酸をだして歯を溶かすため虫歯になってしまいます。
 
糖分が多いもの・歯にくっつきやすいもの・口に残りやすいもの・酸性が高い食べ物は虫歯になりやすいです。特にチョコやキャラメル、飴などは虫歯になりやすいので、食べた後はしっかりと歯磨きをして歯に残らないようにしましょう。
 
磨き残しのプラーク(歯垢)が虫歯の原因となっていくので、食後は早めに歯磨きをして健康な歯を保っていくよう心がけましょう!
 
 
歯の痛みがある方、クリーニングや検診をご希望の方はお気軽に歯医者のそらクリニックへご連絡ください。
2021年11月22日 13:04

ブラッシングについて

health_mouth4
こんにちは!杉本です。

皆さんは毎食後に歯磨きをしていますか?
毎日磨いていてもちゃんと磨けていないなんてことが意外とあります。
特に歯と歯茎の間や歯の裏側へのブラッシングができていないことが多いのです。

上手く磨けていないと虫歯になったり、歯と歯茎の間の歯垢がとれていないと歯周病になってしまったりします。
歯石になってしまうと通常のブラッシングではとることができなくなってしまうので、歯医者にいってとって貰うことになります。毎日のケアを怠ると治療に通うのに時間やお金がかかってしまいます。1回3分程度磨けば良いので、健康な歯を維持するためにもブラッシングをしっかりしましょう!

クリーニングや検診希望の方はお気軽に歯医者のそらクリニックにご連絡ください!
2021年11月16日 13:05

歯並び変えたい  ~開咬について~

case02_5_1
こんにちは(^^)千葉です。

 
お子さんの学校検診で過蓋咬合・切端咬合・・・など記入されたことがある方もいるのではないでしょうか。
 
歯並びが悪いといっても特徴によっていくつか名称があるのです。

 
そこで、本日は開咬についてお話させて頂きます。


 
~開咬~
開咬(オープンバイト)とは前歯に上下方向の隙間ができる不正咬合のことで、奥歯でしっかりかんだ際にも上下の前歯が噛み合わない症状です。

 
・前歯で食べ物を噛み切れない
・舌が出て「タ行」や「サ行」が発音しにくい
などの開咬障害があります。

 
原因は、赤ちゃんの頃の指しゃぶりが長く続いたり、口呼吸による舌癖で舌の位置が安定していないことなどがあげられます。

 
また、常に口が空いていることで、口腔内が乾燥してしまい菌が繁殖しやすいので歯茎が腫れたり歯周病になりやすいのです!

 
見た目や・生活するのに困っていないからと放置せず
一生モノの歯を守る為の対策をしていくことが大切なのです!


 
歯並びにお困りの方は是非一度そらクリニックへお越しくださいませ。
お待ちしております(^^)
 
2021年11月10日 14:10

定期検診に行こう

health_mouth3
はじめまして!
先月からそらクリニックで働き始めました、杉本です。
どうぞよろしくお願いします。
 
歯科に関わる仕事は初めてで、今まで歯医者に行くのは何かあった時だけでした。クリニックで働き始めて多くの方が定期検診に来られていて驚きました。
定期的に歯の状態をチェックするので歯のお掃除だけで終わる方もたくさんいらっしゃいますが、治療が必要なケースもあります。
痛みが酷くなってから来ると、治療に複数回来て頂くこともあります。
時間がかかるとつい放置してしまって悪化するなんてこともあるので、健康的な歯を保つためにも是非定期的に歯医者へ通ってみてくださいね。
 
 
2021年11月09日 17:29

歯ぎしり

54113978
こんにちは。
宮本です。
 
今回は「歯ぎしり」についてお話したいと思います。
 
歯ぎしりとは睡眠時、無意識のうちに上下の歯をこすり合わせている状態を言います。
強い歯ぎしりですと、「ギリギリ」「ガリガリ」と音を伴います。 睡眠時の歯ぎしりは、
レム睡眠(浅い眠り)時、交感神経の働きが活発になるタイミングに起こることが確認されています。
歯ぎしりは、無意識に寝ている間に起こるもで、自分の意志で止めることは出来ません。
歯ぎしりを続けていると歯が削れる、歯が欠ける、ひどくなると歯が折れるなどの口の中のトラブルを起こしてしまうのです。
 
それでは歯ぎしりをしてしまう原因とはなんなのかご紹介いたします。
1つ目は「ストレスによるもの」
睡眠中に無意識に歯ぎしりや、食いしばりをしたりすることでストレスを解消していると考えられています。
 
2つ目は「嚙み合わせによるもの」
上下の歯の噛み合わせが悪いと、歯ぎしりが起こりやすくなります。1本だけ歯が高くなっていて、
他の歯と強く接触している場合には、歯ぎしりしやすくなります。また歯の詰め物が原因で、歯ぎしりするようになる方も少なくありません。
3つ目は「習慣によるもの」
さまざまな習慣も、歯ぎしりの原因となり得ます。たとえばスポーツ選手は、力を入れるときに瞬間的に歯を食いしばっています。
それが睡眠中にも習慣となって現れ、歯ぎしりしてしまうのです。また、飲酒や喫煙も歯ぎしりを引き起こす原因の可能性があります。
アルコールやニコチンの摂取によって、歯ぎしりがひどくなるケースもあるのです。
歯ぎしりをすることで歯がすり減り、最悪はしみる原因にもなってしまいます。
では歯ぎしりの対策はどうしたらいいのか、、、
おすすめするのは「マウスピース」をすることです。
人は通常、安静にしているときに上下の歯は、1~3mmほど離れています。このすき間を安静時空隙といいます。
食事や会話など、1日24時間中、「17分」しか上下の歯はふれ合っていないのが一般的です。
もし1日中噛んでいるとしたら、「約85倍」 のダメージが蓄積することになってしまいます
「たった1時間」でも、食いしばる癖がある人は「3倍以上」ダメージがかかってしまう計算になります。
マウスピースを使用する事によって、上下の歯が噛み合う事を防いでくれるのです。
 
「歯ぎしりをしている」と言われたことがある方、「歯が減ってきている」と感じる方、
歯をダメにしてしまう前に歯医者さんで一度見てもらうことをおすすめします。
 
なにか気になることがありましたらご相談ください。
 
 
2021年10月27日 11:10

歯並びが気になる・・・

orthodontics02
こんにちは(^^)千葉です。
 
みなさん!
歯並びが与える影響は見た目だけじゃないんです!
 
①虫歯になりやすい
②歯周病になりやすい。
③ドライマウスや口臭の原因
④顎関節症を引き起こす
⑤咀嚼機能の低下
⑥顔が歪みやすい
⑦頭痛や肩こり、めまいを引き起こす
 
などの様々な影響があるのです。
 
マスク生活の今こそ矯正のチャンスだとおもいませんか?
 
また、できるだけ目立たずに矯正したいという方にはマウスピース矯正がおすすめです。
 
そらクリニックでは様々な種類のマウスピース矯正を取り扱いしております。
それにより、マウスピース矯正の適応範囲が広くなりました。
 
当院で取り扱いのマウスピース矯正の種類について詳しく知りたい方はこちらのブログをご覧ください。
https://sora0064.jp/blog_articles/1634275147.html
2021年10月26日 12:25

歯がしみる

575a8c1f5ca95dd92fd1b24879843b71_t
こんにちは。
宮本です。
 
何か冷たいものを飲んだり、食べたりしたときに歯がキーンとしたり、
しみたことがる、そんな悩みを持つ方も少なくないかと思います。
そこで今回は「歯がしみる原因について」ご紹介致します。
 
しみるという症状は歯の中の神経が刺激されることで起こり、原因は様々考えられます。
まずは虫歯です。むし歯で歯に穴が開き、むき出しになった神経に冷たいもの、酸味の強いもの、歯ブラシなどがさわってしみることがあります。
また虫歯で歯に穴があくことで、歯の神経を直接刺激し、水などの冷たいものがしみるようになってしまうのです。
 
歯に穴が開いているわけでもないのに、冷たいものを食べたり飲んだりしたときなどに歯がキーン、ズキーンとしみることがあります。
このような場合は「象牙質知覚過敏症」が疑われます。症状の程度は人それぞれによりますが、
象牙質知覚過敏症の症状は、冷たい飲食物や歯ブラシがさわったときにしみる場合だけでなく
、チョコレートのような特定の食べものを噛んだときにしみたりします。
では「象牙質知覚過敏症の原因」とはなんなのか、、、
まず考えられるのは歯ブラシの使いかたが適切でないために歯根と呼ばれる歯の根っこの部分がすり減ったり、歯肉がやせて下がってしまったりする場合があります。
また、歯周病でお口全体の歯肉が下がり、歯根が露出してしまうことも原因の1つです。正しい磨き方で優しく、丁寧に自分の歯に合った歯ブラシで磨きましょう。
このように、正常な状態では歯肉におおわれて隠れている歯根が表面に露出してしまい、さらに削られて神経に刺激が伝わりやすくなってしみることが多くなってしまうのです。
また、歯ぎしりや食いしばりで歯が欠けてしまったり、根元の歯質が はがれてしまうことがあります。これも原因の一つなんです。
歯ぎしりをしてしまう方、食いしばる癖がある方は「マウスピース」をすることをおすすめ致します。
象牙質知覚過敏症の治療方として、まずご自身で気をつけることは、刺激になる冷水、お湯は極力避けること。
歯磨剤の使用量を少なくする、または付けないで磨く。そして、やさしくブラッシングすることが大切です。
このような生活習慣の改善は、象牙知覚過敏症の再発や悪化を防ぐため、とても大切な心がけです。

しみる頻度が多い方や、気になる方は一度歯医者さんに行くことをおすすめします。
なにか気になることがありましたら、ご相談下さい!
 
2021年10月20日 14:07

マウスピース矯正の種類⑤ ~アソアライナー~

ダウンロード
こんにちは(^^)千葉です。

前回に引き続き、そらクリニックで取り扱いをしているマウスピース矯正の種類とその特徴についてご説明させて頂きます。


本日は、「アソアライナー」です。

●アソアライナーの特徴
 
アソアライナーは国内の矯正専門ラボが提供する日本製のマウスピース矯正です。
 
・奥歯だけ咬んでいて前歯が咬合していない方
 ・ 奥歯がすれ違いで咬んでいない方(鋏状咬合)
   はこちらになる可能性が大きいです!
 
装着するマウスピースがソフト、ミディアム、ハードの3種類
もしくはソフト、ハードの2種類 です。
 

  ●来院頻度について
おおよそ、1か月に1回程度です。
  場合によっては2週間に1回の期間もあります。
 
●診断の費用
8,000+消費税
※マウスピース矯正をご希望の方はまずは診断の資料作成をさせて頂きます。
診断を受けることにより、マウスピース矯正での矯正が可能なのか、明確な期間・費用、最終的な歯並びを映像でお見せすることができます。
 
どの種類のマウスピース矯正するのかは、患者様の歯並びによって変わってきますので、まずは一度ご相談を頂けたらと思います。



他の種類にご興味のある方はこちらのブログもご覧下さい!
https://sora0064.jp/blog_articles/1633677958.html

千葉県(成田市)で歯並びについて悩んでる方、マウスピース矯正をお考えの方がいらっしゃいましたら是非お越し下さいませ。
 
 
2021年10月15日 14:19
予約システムネット予約
無料メール相談
ラインLINE

歯医者のそらクリニック


【所在地】
〒286-0017
千葉県成田市赤坂2丁目1-42 ステラ赤坂101

【電話番号】
0476-27-0064

※上記の電話番号が通話中だったりして繋がらなかった場合は下記の電話番号へご連絡ください。 080-8426-6379
【診療時間】
午前9:00~13:00
午後14:00~19:00
※火曜と土曜の午後は18:00まで
※日曜・祝日は診療しています

【休診日】
木曜・日曜午後

モバイルサイト

歯医者のそらクリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら